アミノ酸がタンパク質の栄養価を決めるもの

スポンサーリンク

アミノ酸がタンパク質の栄養価を決めるものです。

タンパク質というのは、アミノ酸という小さな単位が結合してできた物をタンパク質といいます。アミノ酸は全部で約20種類あります。実は人間は自分自身で合成することができないアミノ酸があるんです。これを食品から摂取することが必要です。これを「必須アミノ酸」と呼ばれています。

 

 

人体に理想的な「必須アミノ酸」は、バランスに近いほどタンパク質の栄養価は高くなるといわれています。人間はタンパク質でも、良質のたんぱく質を摂取する必要があるのです。良質なタンパク質というのは9種類ある「必須アミノ酸」がバランスよく含まれているものです。これは大豆や動物性食品に多く含まれているタンパク質になります。

 

 

ダイエットをされる方にはやはり代謝というものを強く意識するほうが良いです。この代謝とは、栄養素をエネルギーへと変えていくサイクルのことをいいます。

 

 

代謝時に重要なのがビタミンB群です。ビタミンB群は、脂質や糖質の代謝に密接に関係しています。もしこの代謝に関わるビタミンB群などの栄養素が不足してしまうと、糖質や脂質をスムーズにエネルギーに変化させることができなくなってしまうのですそうなると太りやすい体質になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー