水も大切な栄養源の1つ

スポンサーリンク

水も大切な栄養源の1つです。

水も大切な栄養源であることに変わりありません。なぜなら人間の体の6割は水分でできているからです。人間は、摂取したり排出したりと代謝を繰り返しています。その重要な代謝に関わるものが水分なのです。この水分がないと代謝することはできません。

 

 

人間は食事の食材からも水分を得ていますし飲料水からでも水分を得ることができます。1日に1.5リットルは水を飲みたいものです。1日2リットル以上飲みましょうという専門家もいますが、あまりお勧めしません。たくさん本を読んだ中で1.5リットル程度がBESTと考えている方が多いからです。人間は食事も摂取しています。食事からも水分を吸収していますなので1.5リットル程度の水を飲むのが一番適量ではないかと言われています。水分をたくさん飲んでしまうと、内臓に負担をかけてしまいます。あまり体に良位とはいえません。

 

 

ただ、逆に水分を不足してしまうと便秘のもとになってしまいます。体内には水分量をコントロールする働きもあって正常の人間であれば汗や尿として排出されていくのです。もし排出作業ができないと体がむくんでしまいます。よく水を飲んだら太るという方もいますが実際に水を飲んで太ることありません。安心して下さい。体重は増えますが脂肪は増えていませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水も大切な栄養源の1つ記事一覧

アミノ酸がタンパク質の栄養価を決めるもの

タンパク質というのは、アミノ酸という小さな単位が結合してできた物をタンパク質といいます。アミノ酸は全部で約20種類あります。実は人間は自分自身で合成することができないアミノ酸があるんです。これを食品から摂取することが必要です。これを「必須アミノ酸」と呼ばれています。人体に理想的な「必須アミノ酸」は、...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー