第7の栄養素にタウリン

スポンサーリンク

第7の栄養素「タウリン」は人間には欠かせない栄養素の一つです。

タウリンはアミノ酸の一種で肝機能高めてくれる効果があります。体内のコレステロールを減らしてくれるのでコレステロールが気になる方は是非積極的に摂取することをおすすめします。タウリンを多く含んでいる食材は、帆立・貝・タコ・ヤリイカ・ズワイガニ・アサリ・サザエ等となっています。

 

 

カルニチン

 

カルニチンは最近テレビCMでもよく流れているのでご存知の方も多いと思いますが、脂肪燃焼効果があります。脂質を筋肉に運んでうまく燃焼させる働きがあるのがカルニチンなのです。「脂肪酸」と「中性脂肪」をうまく燃焼させてくれるので体脂肪を貯めにくくしてくれる効果が期待できます。ただし、カルニチンを飲んだからといって体脂肪が減るというわけではありません。体脂肪が燃えやすくなる効果があるということをにとどめておきましょう。カルニチン多く含んでいる食材は、ひつじ肉や牛肉、そして植物性食品には組まれてはいませんので気を付けましょう。

 

 

オリゴ糖

 

オリゴ糖は大豆オリゴ糖など4種類があります。基本的に赤ちゃんなどに飲ませる方もとても多いですね。つまり、免疫機能を促進させる効果があるわけです。腸内のビフィズス菌を増やしてくれたり、ビタミン合成を助けたりもしてくれます。

 

 

クエン酸

 

このクエン酸は運動した後、疲れた時に飲むと効果が高いと言われています。疲労物質を体外に排出させてくれる効果もあるんだそうです。だから疲れた体にはクエン酸というわけですね。クエン酸と一緒に摂取すると吸収力がアップするミネラル分です。クエン酸を多く含む食材は、レモン・グレープフルーツ・桃・梅・いちご・みかんです。

 

カテキン

 

カテキンは説明は要らないですね。お茶に多く含まれています。当然血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるので食べ物と一緒に摂取すると脂肪吸収を抑える効果が高いです。最近はCMでもよく流れています。

 

アリシン

 

アリシンはニンニクに沢山含まれています。この効果効能は、費用回復を助け血中脂肪燃焼させてくれる効果が高いです。あとコレステロールを下げるとも言われています。

 

 

カプサイシン

 

 

カプサイシンは、唐辛子の成分からエネルギーの消費を促進してくれる効果効能があります。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

第7の栄養素ポリフェノール
50代でダイエット!体脂肪を落とすための準備と方法を紹介していきます。50代でダイエットに挑戦する意欲が、体脂肪ダウンへの近道です。酵素を使った方法も紹介しています。
第7の栄養素 大豆イソフラボン
50代でダイエット!体脂肪を落とすための準備と方法を紹介していきます。50代でダイエットに挑戦する意欲が、体脂肪ダウンへの近道です。酵素を使った方法も紹介しています。

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー