お腹を温めることの重要性

スポンサーリンク

お腹を温めることの重要性

冷え性の方の特徴として、お腹が冷えているが方が多いように思います。漢方の世界では、お腹をのことを「お中」と書き、体の中心として重要な部分と位置づけられています。人間のお腹には肝臓・胃腸・すい臓をはじめ、女性なら子宮などとても重要な臓器が揃っています。

 

 

特に女性のお腹を見てみると、ほとんどの女性の場合はおへその上と下では温度が違うと言われています。おへそより上はとても暖かいのに対して、下は冷たい方が多いそうです。そしてこのような方々のおへそのあたりを指で叩いてみると「ぽちゃぽちゃ」と音がするんだそうです。これは漢方では「振水音」と言って、胃の中に水が溜まっている証拠なんだそうですよ。

 

 

このような方は下半身に水が溜まりやすく、どうしてもお腹が冷え性になってしまうわけです。

 

お腹が冷え性になることの弊害

お腹が冷えてしまうとどのような弊害が起こるのでしょうか?まず、もともと下半身にあった血液や熱が行き場を失ってしまって上へと上昇していきます。心臓がドキドキしたり胸が苦しくなったり、肩や背中に血液が滞って、最悪の場合、首のこり・肩こり・背中の痛み等を発症してしまうのです。

 

 

肩こりなどで悩んでいる方は、血流が悪いと言って間違いないでしょう。さらに悪いことに、血液や熱が上昇してしまうと喉に何かが詰まったような状態になって顔がのぼせて赤くなります。また、咳が出たり口臭に悩まされたり、精神的にもイライラするといったことに悩まされてしまうのです。

 

 

このように下半身が冷えてしまうと、便秘や膀胱炎・生理不順などの慢性症状に悩まされます。このような状態が続いてしまうと、子宮筋腫・子宮癌・子宮嚢腫などの恐ろしい病気も起こしやすくなるので特に女性は冷え性に気をつける必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

食べてるのに痩せている人、食べないのに太る人の違いは?
人間はたくさん食べると当然太ります。これは誰でも知っていることですよね。しかし人間にはたくさん食べているにもかかわらず太っていない人も たくさんいます。
1日3食30品目バランスよく食べることを意識することへの弊害・・・
お医者さんやテレビショーを見ていると医療関係の方が口を揃えて「1日3食30品目バランスよく食べることが大切です。」と言います。
プチ断食で甘酒を利用する方法
プチ断食が最近流行っています。あなたもプチ断食実践していますか?プチ断食を実践すると胃腸を休める効果があり体をリフレッシュ することができます。
プチ断食実践するならお茶の活用もあり?
プチ断食は週末3日程度で実践できるダイエット方法です。今とても人気が高いですよね。
プチ断食は宿泊施設だと効果が高いの?
最近プチ断食が流行ってることもあって宿泊施設でプチ断食を体験できるという健康施設?(断食道場)もあります。
プチ断食は炭酸水を利用すると効果があるの?
プチ断食の方法は、ヨーグルト・グリーンスムージー・酵素液などを取り入れた方法が主流になっています。
体温上昇で柔らかい体を目指そう!
人間は寒いところに行くと体を縮こまらせて硬くしています。筋肉が緊張し寒さから体を守ろうとする 本能というわけです。

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー