糖尿病になると症状でてからの治療ではもう遅い!?

スポンサーリンク

糖尿病になると症状がでてからの治療ではもう遅い!?

糖尿病という病気になると、人間は自力では生きていくことができない深刻な病気になってしまいます。例えば血液検査なので悪い数値が出てそのまま放置しておくと網膜症になったり、人工透析を行なわなければならない事態になるのです。

 

 

網膜症になってしまうと数年後には人工透析、そしてさらに数年後に脳梗塞などの恐ろしい病気を併発してしまいます。ある人は何もしないままほっとくと網膜症から右足の切断、そして人工透析・・更に左足切断・心筋梗塞などもう生きていても辛いだけですね。心不全や肝不全、そして最終的には両足切断など…糖尿病になるとこのような恐ろしい病気になります。こうなってからでは遅いのです。早く気づきましよう。

 

  • 失明してからはでは遅いのです。
  • 右足を切断してからでは遅いのです。
  • 心不全になってからでは遅いのです。

 

 

その前に対処することが絶対に必要です。よく考えてみてください。

 

 

  1. あなたは今血糖値が高いですか?
  2. 血圧が高いですか?
  3. 高中性脂肪が高いですか?
  4. 食事制限をしなければならないと診断されましたか?

 

 

もしあなたに悪い結果であれば、今からダイエットを実践しましょう!いますぐ今日から今からでも実践してください!病気になってからでは遅いのです。あなたの数年後は悲惨な結果を招いていることでしょう。あなたの家族のため、そしてあなた自身のためにカロリーコントロールは大切ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

糖尿病は恐ろしい病気です。
糖尿病の初期症状は知っておいたほうが良いです。そもそも糖尿病は更年期に多いと考えがちですが、10代、20代、30代、 40代50代・・更年期に関係なく糖尿病は発症するリスクはあります。

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー