腹筋ボコボコにする方法

スポンサーリンク

腹筋ボコボコにする方法

腹筋ボコボコに憧れている方は多いけど、ホントに腹筋が割れている人は数少ないですね。何を隠そうわたしも腹筋が割れることを夢見ていましたが、これまで腹筋が割れたことがありません。そこで今回は腹筋ボコボコの方が実践して成功した方法を紹介します。

 

 

私の友人のひとりでサーファーが一人だけいるのですが、その方のお腹はボコボコにわれています。何度も触らせてもらって癒やされてます(笑)彼にどうやったらそんな逞しいお腹に変身できるの?って聞くと、こんなの簡単だよって言ってました。彼の腹筋ボコボコ法はこうです。

 

 

「腹筋を鍛えてから有酸素運動で脂肪を落とす。」要するに、腹筋を鍛えてもいないのに脂肪を落としても貧弱な身体が露わになるだけだそうで、しっかりと腹筋を鍛える必要があるそうです。確かにガリガリの貧弱な方、よく見かけますよね。そして腹筋を先に鍛える理由がもう一つあります。それは、筋肉の量を増やしておくと脂肪燃焼作用が大きくなり痩せやすい体質になります。まあ、口では簡単にいえますが実際に成功するには並大抵の努力では達成しません。腹筋ボコボコになるためには覚悟が必要になりそうですね。

 

 

腹筋を鍛える方法は、クランチというエクササイズがオススメします。仰向けに寝て足を上げ90度膝をまげます。両手を頭の後ろで組んで、そして上体を丸くする感じで(ヘソを見るイメージ)ゆっくりと身体を移動させヘソを見た体勢を維持します。そしてゆっくりと元の体勢に戻る。この繰り返しです。限界が10回になる程度の強度で実践してみましょう。この方法でエクササイズをすれば必ず腹筋が鍛えられるはずです。腹筋が鍛えられたらあとは脂肪を有酸素運動で落としましょう。腹筋ボコボコになるのは簡単ですね(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

筋肉トレーニングの基礎知識
筋肉は単純に筋肉トレーニングをしたからといって筋肉量が増えるわけではありません。
スクワットで足が太くなる!?
人間の筋肉で一番大きい場所は太ももです。代謝をUPさせるには太ももを鍛えれば一番効率的です。
太ももが太い・・対処法は?
女性にとっては「太もも」が太いと悩みますよね。 実は私も太ももが太いタイプで、とても悩んで時期があります。

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー