体脂肪計測器の精度は?

スポンサーリンク

体脂肪計測器の精度は?

体脂肪計精度って疑ったことないですか?わたしはタニタの体脂肪計を利用していますが、時々とんでもない数値が出たりして、体脂肪計が壊れているのかなと感じたことも多々あります。あと体脂肪率はかなり正確だなという認識はあるのですが、体年齢はほとんど参考にしていません。体年齢は単純に体脂肪率が少し減ると年齢も下がるってだけなような気もします。実際はどうなんでしょうね?やはり体重と体脂肪率は気になりますよ。では実際に体脂肪計測器の精度はどの程度なのでしょうか?

 

 

体脂肪計測器の精度は思った以上に正確に計測してくれます。しかし、その正確がゆえに誤差が生じるのです。この事実を抑えておきましょう。この体脂肪計測器の精度が低下してしまうのは女性が多いと言われています。体脂肪計測器は身体に電流を流して計測しています。原理は簡単で、筋肉は電流が流れやすく脂肪は電流が流れにくいという性質を利用して体脂肪率を計測しているわけです。では、体脂肪計測器の精度に誤差が生じるのはなぜか?

 

 

特に女性に体脂肪率の誤差が出やすいのですが、それは生理前後です。生理前になると女性の身体は水分量が増えるんだそうです。すると体脂肪計測器は電流が通過しやすいと判断し、体脂肪率が下がるのです。よく女性は生理前になると、むくんだり水太りになるのはこのためです。そして生理中になると水分の量が減ってきます。もうお分かりですね?この時に体脂肪率を計測すると上がるわけです。なので生理前後には体脂肪計測器で測っても正確な数値は出ないと理解しましょう。あと、徹夜明けには体脂肪率は下がり、食後は体脂肪率は上がります。そしてお風呂あがりには体脂肪率は下がります。運動後も体脂肪率は下がります。このことを理解し上で正確に体脂肪計測器にのりましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

体脂肪計測器を計るタイミング
体脂肪計測器を正確に計ってはいけないタイミングを紹介します。

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー