糖尿病の初期症状を知っておこう!

スポンサーリンク

糖尿病の初期症状を知っておこう!

糖尿病初期症状は知っておいたほうが良いです。そもそも糖尿病は更年期に多いと考えがちですが、10代、20代、30代、40代50代・・更年期に関係なく糖尿病は発症するリスクはあります。

 

 

糖尿病の初期症状ですが、トイレが近くなる、食べても過ぐに空腹になる、喉が乾く、虫歯になりやすい、あと手足がシビレたりするそうです。これが一般的な糖尿病の初期症状です。

 

 

あと糖尿病の初期症状は女性特有のものもあります。それはデリケートゾーンのかゆみです。かゆみは糖尿病になると発症しやすいです。つまり血行不良や栄養不足のときにかゆみが起こるのです。更年期の女性は糖尿病になりやすいと言われています。いろんな原因で肝臓が弱ったり脂肪細胞や血管の脂肪が増えるのは更年期障害でもあるのです。

 

 

更年期障害は糖尿病に発展するケースもあります。いずれにしても、糖尿病の初期症状はしっかり覚えておくことも重要ですね。糖尿病はメタボリックシンドロームのような肥満になる方が多いように考えがちですが、急に体重が減少した方も注意が必要です。体重が減るとなぜ糖尿病を疑う必要があるのか?糖尿病は血中のブドウ糖が増えます。いわゆるドロドロになるわけですが、そうなると栄養をしっかりと臓器に運ばなくなります。すると人間の身体は、ブドウ糖に変わって身体の脂肪を代替エネルギーとなるのです。だから体重減少に繋がるのです。糖尿病の初期症状に注意しましょう。

 

おすすめ酵素ドリンクはこちら

 

 

スポンサーリンク


 
目次 酵素ドリンク 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー