酵素の効率的な摂取の仕方

スポンサーリンク

酵素の効率的な摂取の仕方

酵素を効率的に摂取するためにはどのような食べ物を食べればよいのでしょうか?実は酵素はとても熱に弱いと言われています。たとえば野菜にはたくさんの酵素が含有されているのですが、48度以上の調理方法で行ってしまうと酵素は死活してしまいます。なので果物や野菜を食べるときは、できるだけ生で食べるように心がけましょう!

 

 

より効果的に酵素を摂取する方法は、食材を摩り下ろしてみてください。実はすりおろして食べると消化・吸収ができる酵素の量が何倍にも増えるんだそうですよ!たくさん酵素を摂取できれば、その分健康な身体に近づくことができるのです。すりおろすのが面倒を考えがちですが、健康になることを考えるとその程度の手間はかけましょう!

 

 

そして1番大切なことは継続して食べ続けることです。一時的に酵素を多く含んだ食品をたくさん食べたからといってあまり効果は期待できません。継続的に毎日酵素を摂取することによって効果は持続していきます。

 

 

生食(果物・生野菜) or 酵素食品

 

最近では酵素を効率的に摂取するできる「酵素ドリンク」なども売られていますので、これらをうまく活用すると良いでしょう。初めは高いと感じるかも知れませんが、毎日、野菜や果物を購入することを考えたらはるかに経済的ですね。

 

 

ただ、生野菜や果物ばかり食べるのはNGで、肉や魚・炭水化物も大切な栄養素です。過度な食事制限のダイエット方法をされている方もいますがこれでは続きませんよね。なので酵素ドリンクのような効率的に酵素を摂取することができるものを選ぶのもひとつの手ですね。

 

酵素を多く含有する食品は?

 

酵素の多い食品を紹介していきます。ただ酵素にもいろいろな種類があるのですが、炭水化物を分解してくれる酵素が含有している食品はレモン・りんご・大根です。これらの食品はすりおろすことによって酵素を多く摂取することが可能です。

 

 

次にデトックス効果を期待できる食品としては、キュウリオレンジです。これは毒素を排出してくれる効果があるので、これも積極的に摂取したい酵素の一つになります。

 

 

タンパク質を分解してくれる酵素が含有されている食品は、パイナップルセロリ・バナナです。そしてダイエットにもとても重要な酵素ですが、糖質を分解してくれる酵素!これがアボガドやスプラウトと呼ばれる食品です。

 

 

その他にも発酵食品の中にも酵素はたくさん含有されていて、漬物・味噌・納豆などにも酵素が沢山含まれています。ただし、これらの生野菜や果物などをたくさん取れば良いというわけではありません。野菜や果物を摂取する際に一番気をつけることは、鮮度が良いかどうか?ということです。

 

食品の鮮度と添加物にも注意!

 

最近では添加物等の安全性などもしっかりと確認して酵素食品を探すようにしましょう。つまり酵素を摂取する食品を選ぶときには質の良いものを選ぶということが重要になってきます。スーパーに行ったらわかると思いますが、野菜は綺麗で鮮度の高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

スーパー売られている見切り品はNGです。なぜかというと鮮度が落ちているために酵素が少ないといったデメリットもありますので、やはり安いものは安い分だけの価値しかないと理解しましょう。ただ、野菜や果物をたくさん生で食べるというのは不可能に近いです。なのであなたが選りすぐりの質の良い野菜や果物を選んで積極的に摂取するように心がけましょう。

 

新鮮なお野菜のお取り寄せはコチラ

テレビでも取り上げられた「あの」食材が入ったおためしセット

 

酵素サプリメントで簡単摂取ならコチラ

小林製薬の『野菜と酵素』

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

酵素を多く含む食品は?
酵素を多く摂取するには、酵素を多く含む食材を知っておく必要があります。
酵素・ビタミン・ミネラルを摂取時の注意点
酵素やビタミン・ミネラルを食品から摂取する場合、たくさんの食材をとらなければ いけませんが、ここで注意点があります。
酵素の生成と役割
酵素は食べ物から摂取する方法と体内で生成する方法があります。しかし、問題は年齢を重ねると体内で生成される酵素がどんどん減ってきます。
消化不良と酵素
人間は消化不良が続くと「おなら」が気になりだしますよね。匂いや回数などが頻繁に起こり、 なんだか体調がよろしくない状態になってしまいます。
酵素ドリンクで花粉症解消!?
酵素ドリンクで花粉症解消できるのか?
酵素の種類と酵素の摂取方法は?
食品から酵素を効率的に摂取する方法を紹介していきます
酵素を摂取して風邪に負けない体作りへ
食品から酵素を効率的に摂取する方法を紹介していきます

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー