就寝中にエネルギー消費する方法

スポンサーリンク

就寝中にエネルギー消費する方法とは?

就寝中にエネルギー消費する方法と題名を付けましたが、実は人間は呼吸しているだけでもエネルギーを消費しています。もちろん寝ているだけでもエネルギーを消費しながら生きているのです。それが人間ですね。

 

 

体動かす時も、もちろんエネルギーを消費します。食事をする時も消化するのにエネルギーが使われているわけです。エネルギーが使われている時には体温が上がっています。この時に行われるのが「食事誘導性代謝」と呼ばれるものです。

 

 

この消費エネルギーで一番多いのが、基礎代謝となるわけですね。人間は息をして、呼吸しているだけで実際に勝手にエネルギーを消費しているわけです。心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を一定に保つ・・これは人間にとって欠かすことのできない生命維持活動なのです。

 

 

人間は就寝中でもエネルギーを消費しています。人間が太ってしまうということは体内に余分な脂肪がどんどん溜まってきているから太ってしまうわけです。痩せるためにはこの摂取エネルギーを減らして消費エネルギーを増やすと当然痩せます。間違った考え方では、消費エネルギーを減らし過ぎてしまって失敗するケースがとても多いです。なので、摂取エネルギーをできるだけ抑えて、消費エネルギーは同じという考えでダイエットに取り組んだほうが成功する可能性は高いですね。なぜなら消費エネルギーを多くしてしまうと、辛い活動が多いので食欲が増進してしまいます。

 

 

食欲が増えると当然摂取カロリーも増えてしまい逆に太ってしまいます。長く続けられるダイエット方法を取り入れることが一番重要です。その中でもダイエットレシピを覚えて行くことはダイエット成功への第一歩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー