ダイエットと腰痛予防の関係性は?

スポンサーリンク

ダイエットと腰痛予防の関係性は?

もともと人間の背骨というのはS字型に歪曲しています。何故かというと、人間は歩いたり走ったりすしますから足元からの衝撃を吸収する必要がありますよね。そして上体の重さを起こしにかかる力を分散させているためです。そのために緩やかなS字型に歪曲しているんですね。中年になると筋力が低下していくわけですが、さらに運動もしなくなってしまいます。すると運動不足がたたって背骨を支えている背筋や腹筋、また関節の筋力がどんどん低下してしまって姿勢が悪くなります。そうなるとさらに腰の負担が大きくなってしまうのです。

 

 

中年肥満でお腹がでてくる・・・このような状況に陥るとさらに腰は緊張状態を強いられてきて腰痛の原因になっていくのです。腰痛予防するためにまずしなければならないのは、脂肪をある程度燃焼させること。これが重要です。脂肪が程度低下したら、お腹腰回りの筋力を鍛えて全身の血液循環を良くしてあげること。これが腰痛予防になります。悪化した腰痛の場合は医者に相談をしましょう。

 

 

毎日デスクワークのよう生活してる人は、まず歩く事を実践してみてください。歩くことを実践することによって少しずつ改善されてくるはずです。座っているだけでもエキササイズはできます。背中をしゃきっと伸ばしてお腹を引き締める。たったこれだけの方法で筋肉を刺激することが可能なのです。さらにこの姿勢を保ったままお腹の空気を絞り出して凹ましてくく。この時に息を止めてはいけません。呼吸をしながら何度もお腹をへこます。この1連の動作を連続して行ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

日本人は太りやすく糖尿病になりやすい体質!?
寝ながらダイエットというカテゴリーがあるのですね。ただ単にぐうたらな人が考えたダイエット法なのかなとも思っていました。 寝ながらダイエットではバスタオルを使って骨盤がしまり下半身から痩せていくというもの、電気毛布で寝るだけダイエットというものも ありました。

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー