痛風になった時の食事とは?

スポンサーリンク

痛風になった時の食事とは?(ダイエットは必要?)

痛風になった時、食事はどうすればよいのでしょうか?一番気をつけたいのはプリン体を多く含む食品は控えるようにしましょう。プリン体が多く含まれる食品は、鶏レバー・マイワシ干物・イサキ白子・あんこう肝酒蒸し・豚レバー・牛レバー・カツオ・マイワシ・大正エビ・マアジ干物などなどたくさんあります。特にレバー系は非常に多く含まれているので食べないようにしましょう。魚や肉の内蔵に多く含まれるプリン体。これ食べ過ぎたら尿酸が増え血液中に蓄積されてしまいます。

 

 

痛風になったら、まず心がけることは標準体重に近づけてあげることが大切です。痛風時の食事に気をつけましょう。痛風とは、血清尿酸値が7.0mg/dl超になると、高尿酸血症になりこの状態がながく続くことによって血中の尿酸が結晶になって関節に沈着します。これが急性関節炎、いわゆる痛風ですね。痛風は風が吹いただけでも痛みを伴うことから、発症してしまうと大変です。痛風は女性だけでなく男性もなります。とにかく痛風の症状は辛いです。日頃から尿酸値を気にするようにしておきましょう。そしてメタボリックシンドロームにならないよう日頃から健康に気をつけることが重要です。

 

 

痛風は、くるぶしや足、かかとなどに発症します。対策として、水分を多く摂取しましょう。なぜ水分補給が重要かというと、尿酸の排泄量が増えるからです。ただし、砂糖がたっぷり入ったオレンジジュースやコーラなどの炭酸飲料はNGです。あと、野菜をたくさん摂取することも大切です。海藻類や芋類などを摂取し尿をアルカリ性に保つことが良いです。

 

 

スポンサーリンク


 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー