人間が1日に必要な油(脂質)の量は?

スポンサーリンク

人間が1日に必要な油(脂質)の量は?

ダイエッターにとって大敵なのが油(脂質)です。
なので、ダイエット中のあなたは油分を摂取しない方法を取りがちですが、
実は油分(脂質)も人間にとっては、とても必要な栄養素の1つですなのです。

 

 

ダイエット中でも油は必要になります。
そこで1日に油分はどの程度必要なのかというと、「大さじ一杯半」なんだそうです。

 

 

そもそも脂質というのは細胞膜やホルモン、そして血液の原料になるものです。
脂質が不足すると生活習慣病になる危険もあるのです。

 

 

そして脂溶性ビタミンのビタミンAやD/E等の吸収も助けてくれる効果もあります。
油(脂質)を取らないと、新陳代謝も悪くなりホルモン不足やビタミンいいが不足してしまい
肌つやが失われたりするわけです。

 

 

女性で気をつけたいのが、妊娠や出産もできなくなる恐れもあるそうです。
なので油分は摂取は重要なのです。

 

 

1日の油分の摂取量は大さじ1杯半です。
実はこの大さじ1杯半には根拠があります。

 

 

人間が体のリズムを健康に保つためは、1日の総摂取カロリーの20パーセントから25パーセント
を植物脂と動物油から摂取する必要があるそうです。

 

しかし今の日本人は26パーセントも摂取しているんだそうです。
やはり油分の摂取しすぎですよね。

 

 

特に外出が多い方は要注意!
外出で食べる食事には油分がとても多く含まれています。

 

 

何度も言いますが、1日の油の摂取量は大さじ1.5杯が適量なのです。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

男性85cm・女性90cmが診断基準の理由とは?
厚生労働省は男性85cm・女性90cmがBESTと発表しています。これには理由があるそうです。
子供のメタボリックシンドロームに注意!
じつは子供にもメタボリックシンドロームは忍び寄っています。最近では、小児肥満が深刻なんだそうです。 確かに町を歩いていても丸々と太った子供がいます。
メタボリックシンドローム どんな病気に?
メタボリックシンドロームは内臓脂肪がお腹にたっぷりと貯まり高血圧や高血糖になり恐ろしい生活習慣病に 発展するリスクが有ります。
メタボリックシンドロームについて
メタボリックシンドロームは代謝異常症候群とも呼ばれています. いわゆる肥満ですよね。
身体の声を聞いてみよう!
身体の声を聞いてみよう!とはどういうことかというと、 例えば、運動を全くしていなかった人が急にスポーツを始めると・・・
早食いはデブの元!?
早食いで食べると栄養不足になってしまうってご存知でしたか?
セルライト撃退方法
「セルライト」という言葉はよくご存知だと思います。あの憎きセルライトを撃退したい!誰もが思うことですね。
メタボリック症候群の基準値の考え方とは?
メタボリックシンドロームと言葉を初めて聞いたのは何年前でしょうか?メタボリックシンドロームなると 高血圧、高血糖、動脈硬化など
カロリー計算ができればメタボリックシンドロームも解消!?
メタボリックシンドロームと言葉を初めて聞いたのは何年前でしょうか?メタボリックシンドロームなると 高血圧、高血糖、動脈硬化など

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー