魚は天然物と養殖物のどちらを選べば良いのか?

スポンサーリンク

魚は天然物と養殖物のどちらを選べば良いのか?

天然物と養殖物のどちらを選べば良いのか?実は、天然魚の方がカロリーは低いです!なぜ天然魚はカロリーが低いのかというと、天然魚の場合、自分自身で餌を探さなければなりません。そうなると運動量が当然多くなりますよね。だから引き締まったボディに変わるわけです。しかし、養殖された魚の場合は、定期的にエサももらえますし基本的には運動不足です。人間でも同じことですが運動不足は脂肪が付きやすいです。ただ、いつも天然魚を買うと高価なので、天然魚の方がカロリーは低いということは認識しておきましょう。

 

 

下関で有名な「ふく」(フグ)ですが、実はかなりの低カロリー食です。白身魚の中でもダントツで低カロリーなのが「フグ」と言われています。ただ、フグの白子はカロリーが高いです。まあ、フグの白子は高いのでなかなか食べる機会はないですが・・・

 

 

マグロの中でも一番カロリーが低いのが「みなみまぐろ」の赤身です。ちなみにマグロっていろんな種類があって、「キハダマグロ」「クロマグロ」「びん長マグロ」「みなみまぐろ」「めじろマグロ」などいろんな種類がありますね。実はこれらはすべてスーパーで買うことができます。まぐろの脂がのった部分は赤身の約4倍カロリーになるそうですよ。美味しいですが食べ過ぎないように・・・みなみまぐろの次にカロリーが低いのが「キハダマグロ」です。

 

 

「ほっけ」を買うのであれば「塩ほっけ」を買うことをおすすめします。実は「ほっけ」は脂肪分がとても多いので味が変わりやすいと言われているのですが、なぜか「塩ほっけ」だと100グラムで123キロカロリー程度に抑えることができます。

 

 

「ウナギ」は、とにかく魚類の中でも一番カロリーが高いと言われています。うなぎは脂溶性ビタミンがとても豊富に含まれており、脂質もたっぷりで高カロリーです。鰻の白焼100グラムで331キロカロリー、蒲焼で100グラム293キロカロリーにもなります。スタミナをつけて景気付けたいという方は是非おすすめの食材ですが、ダイエット中の方はあまりお勧めできません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

魚選びのコツってあるの?
50代でダイエット!体脂肪を落とすための準備と方法を紹介していきます。50代でダイエットに挑戦する意欲が、体脂肪ダウンへの近道です。酵素を使った方法も紹介しています。
焼き魚と煮魚はどっちがカロリー高い?
50代でダイエット!体脂肪を落とすための準備と方法を紹介していきます。50代でダイエットに挑戦する意欲が、体脂肪ダウンへの近道です。酵素を使った方法も紹介しています。

 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー