ダイエット時の魚介類の食材選び方とは?

スポンサーリンク

ダイエット時の魚介類の食材選び方とは?

ダイエット時の魚介類の食材選び方を紹介していきます。例えばニシンの選び方ですが、旬は春です。ニシンは卵巣部分が数の子ですよね。「ニシン」はカロリーが高い魚ということは覚えておきましょう。ニシンをカロリーを低く食べたいのであれば、身欠きにしんを選ぶようにしましょう。次に貝類ですが、貝類はカロリーが低い食材になります。魚介類といえば「あさり」ですね。「あさり」は高タンパクでビタミンB12・鉄・タウリン・マグネシウムなどのミネラル分がとても多く含まれています。しかし、生あさり100グラムで30キロカロリーなのに対し、佃煮にしてしまうと100グラムで225キロカロリーにも跳ね上がります。なのでアサリを食べるときにはやはり生あさりを買いましょう。食材は味付けをすることによって、かなりカロリーが高くなってしまうということを覚えておきましょう。

 

 

広島で有名な魚介類「牡蠣」ですが、実はこの牡蠣は「海のミルク」と言われているほど栄養素がたっぷりと含まれています。鉄や亜鉛などのミネラル分もたっぷり含まれています。しかしながらカロリーはとても低くて100グラムで60キロカロリーしかありません。カロリーの低い食べ方としては、生のまま食べるか、焼いて食べるか、鍋物の具として活用するのがベストです。間違ってもカキフライだと当然カロリーは高くなるので気を付けましょう。次に「イカ」ですが、低カロリーで魚よりも「タウリン」がとても豊富に含まれています。「イカ」は、通年出回っている食材です。吸収しやすいタンパク質も豊富です。

 

 

次に「蟹」ですが、タウリンやカルシウムがとても豊富で魚介類の中でも低カロリー高蛋白の食材です。あとイライラを抑えるカルシウム豊富なのでダイエットのストレスにも効果があります。最近では脂肪の吸収を防ぐことでとても有名になった「キチンキトサン」はカニの甲羅が原料となっているそうですよ。

 

 

 

 

 

 

魚介類の食材選び方記事一覧

魚選びのコツってあるの?

魚選びをする際に気をつけたいのは、単にカロリーが高いということで選んはいけません。つまり、魚には赤身の肉と白身の肉がありますよね。どちらがカロリーが高いのか?というと当然白身魚よりも赤身魚の方がカロリーは高いわけです。しかし魚を食べる時に重要なのは、機能性成分を考えると、赤身魚のほうに軍配があがるの...

≫続きを読む

 

焼き魚と煮魚はどっちがカロリー高い?

ダイエッターにとってやはり肉を食べるよりも焼き魚にして食べるほうかカロリーは低めでお勧めです。そして魚を食べるときのおすすめ調理法は、煮魚で食べるよりも「焼き魚」のほうがカロリーはさらに低めです。なぜなら、焼くと油が落ちるのでカロリーは低くなると考えて間違いないでしょう。煮魚の場合には、味付けに「み...

≫続きを読む

 

魚は天然物と養殖物のどちらを選べば良いのか?

天然物と養殖物のどちらを選べば良いのか?実は、天然魚の方がカロリーは低いです!なぜ天然魚はカロリーが低いのかというと、天然魚の場合、自分自身で餌を探さなければなりません。そうなると運動量が当然多くなりますよね。だから引き締まったボディに変わるわけです。しかし、養殖された魚の場合は、定期的にエサももら...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク


 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー