ダイエット中の牛肉の選び方

スポンサーリンク

ダイエット中の牛肉の選び方

ダイエット決意してまず一番重要な事は、買い物のときの食材選びが出発点といっても過言ではありません。しっかりと栄養バランスを考え、ダイエットに効く食材をしっかり選んでいくことができる考え方をしっかり身に付けておかないとダイエット成功しません。

 

 

牛肉ですが、当然脂肪分の少ないものを選んでいくようにしましょう。牛肉は体の細胞を作るたんぱく質や、動物性脂肪もたくさん含んでいるから少し厄介ものなんです。牛肉の薄切り肉を買う場合には、そともも肉を買うようにしましょう。コンビーフになる部分でカロリーも一番少ないと言われている部位です。

 

 

誰もが大好きなステーキの肉ですが、これは分かりますよね。「ヒレ肉」が一番脂肪分が低いです。ちなみに一番カロリーが高いのは「サーロインステーキ」です。ヒレ肉はサーロインステーキの2分の1程度のカロリーになります。カルシウムやビタミン・鉄などもヒレ肉の方が豊富に含まれているのでお勧めです。

 

 

そして「ヒレ肉」を食べる場合は、1人150グラム以内にとどめておくことも大切です。付け合わせの野菜なども充実して食べるようにしましょう。あとロース肉ですが、「肩ロース」や「リブロース」はできるだけ控えましょう。あと子牛の肉はとても脂肪分が少なくて、まだ成牛と違って脂肪がたっぷりつく前の状態です。なので子牛の肉も是非選んでみてはいかがでしょうか。次に「ランプ肉」ですが、これは牛の腰部分の柔らかい赤身肉になります。ステーキにもよく使われている部位で脂肪がとても少なくてカロリーは100グラムあたり182キロカロリー程度です。

 

 

牛肉で一番注意しなければならないのは、「ひき肉」です。ひき肉はカロリーがとても高い食材になります。肉団子やハンバーグを作るときはひき肉を使いますが、これらはカロリーが高いと認識しましょう。なぜ「ひき肉」がこれほど脂肪分が高いのかというと、脂肪分も一緒にミンチされることが多いので、カロリーが高くなってしまうのです。どうしてもひき肉が食べたいというときは、牛・豚肉の場合は、赤身の部分のひき肉を選ぶようにして、鶏肉なら「ささみ」の部分のひき肉を選ぶようにしましょう。もし赤身部分のひき肉が入手できない場合は、赤身の薄切り肉を包丁で細かく切ればローカロリーなひき肉になるのでぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 
目次 脂肪遺伝子検査 グリーンスムージー